講師 

Anup Gupta/アヌープ グプタ
 シヴァナンダアシュラムが在るリシケシに生まれ、幼い頃からヨガが生活の一部であった。1999年親友であり最初の師でもあるSri Upendra Jiからヨガを学んだことでヨガ人生がスタートする。その後、ヒマラヤへ向かい様々なヨガマスターに教えを請う。学びを続けていくうちにヴィンヤサフロー、ハタヨガアライメント、アジャストメントに最も関心を持つ。これらの知識とスキルを独自の指導スタイルでいつも全力で伝えようとする彼の元へは世界中から多くのヨギーが毎年訪れる。
  RYS200(全米アライアンス認証済みスクール)Ananda Yoga Shalaのディレクター兼認定講師。2010年よりロシア、中国、タイ、カザフスタンでのヨガツアーが始まる。2016年タイのチェンライにAnanda Yoga Shala Chiangraiが創設され、毎年TTCが開かれている。2016年より日本での活動も始まり、今年も5月に来日を予定している。 

通訳 

Kou Joya / 城谷コウ
 日本の大学を卒業後、渡米。NYにてファンションデザインを学ぶ間、マクロビオティックやヨガに出会う。米国滞在中にメキシコやグアテマラ、ベリーズ、ジャマイカを旅行し帰国後、身体を内側からキレイにしていくインナークリニックの指導者として日本中をまわる。出産後、長崎県五島列島の宇久島に移住し、自然環境の中での子育てに専念する。子供の中学入学に伴い福岡に移住し、その年からヨガインストラクターとして活動を開始。
 現在、福岡市中央区港でArtSpace bloomを主宰し、ヨガクラスの他イベントや講座を開催。一方でアクセス・コンシャスネスの認定ファシリテーターとしてクラスを開催し、通訳や翻訳も手がけている。
 アナトミック骨盤ヨガTT、SYIアーサナアライメント指導者認定インストラクター。
 現在インド、リシケシにてANADA YOGASHALA RYT200 を取得。


オーガナイザー

Terese Keiko / テレーゼ 慶子
 大学卒業後、証券会社に入社し憧れの丸の内で営業を行う。しかし、ノルウェー人を父に持つ私は日本のアメリカナイズされた勤務スタイルに違和感を覚える。さらに、日本人の労働環境は心身のメンテナンスという点からは世界に比べて遅れをとっていることを痛感する。そこで、海外ドラマではお馴染みの「カウンセラー」の役割を幼少期より親しみのある鍼灸で担えるのではないかと思い鍼灸師を目指す。また、当時の私のストレス発散方法がヨガであり、そのすばらしさに惹きこまれてインストラクターへと転身。
  2011年日本最大のヨガイベント「ヨガフェスタ」に講師として参加。2013年より鍼灸およびヨガスペース「ソルモネ」をオープン。夫の転勤とともに長崎へ移り、NBC長崎放送TV「あっぷる」でヨガコーナーを持つ。
 シヴァナンダヨガ・ヴェーダンタセンターTTCおよびATTCを取得。2017年 女児を出産。育児に奮闘中。